So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュージーランド紀行② [山]

 ニュージーランドでトレッキング(トランピング)することも今回の目的の1つでした。山小屋・ハットは予約制になっていて中々予約が取れず結局通常2泊3日のルートバーンは1泊2日になってしまいました。
 12月3日朝8時のクイーンズタウン発のバスに乗り10時にスタート地点のルートバーンシェルターに着き歩き始める。初めは小雨模様。それから本格的に降り出す。雨の中の歩きは楽しくない。それなりに景色は良いのだが気分は滅入る。ニュージーランドの山小屋は自分で食料を持っていく必要がある。その上旅行用品1式を背負っているので荷物が思い。それでも15kg位には抑えてある。なのでコースタイムと変わらない時間で歩いていた。
 マッケンジー小屋まで約6時間。遅い到着であったので本館の1人ベットは空きがなく別棟の4人一緒の所になった。幸いそこを2人で使えたので良かった。
 小屋にはコンロが沢山あるので自分のコッヘルと食料があれば料理ができる。この時期夜10時l暗いまで明るいのでライトも余り使わない。スーパー等にも軽量で簡単に作れる物も売っているが日本人には味付けが今ひとつなので持参した食料を食べていた。
 翌日再び雨。風も強い。最初は靴が濡れないように気をつけていたが、道が川のようになっていて諦めてバシャバシャと歩くしかなくなった。何回もそんな所が出てきて嫌になってきた。途中多分アーランド滝の所は前に進めず、迂回路があったがそちらもまともに水の流れを受けて、川を上るような感じになっていた。目印がなければとてもルートとは思えなかった。
 苦労をしてようやくゴールのディバイドに出る。本日の歩行約3時間。12時には到着していた。
 後日ニュースで知ったがこの日マウントクックでは日本人のクライマーが遭難・死亡している。別のトレッキングコースでは水に流されて亡くなった人も出たようだ。
 8252.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。